ホーム > 大会・シンポジウム等 >  シンポジウム・セミナー > 秋の行動計量セミナー

シンポジウム・セミナー

2018.10.10更新

秋の行動計量セミナー

2018秋の行動計量セミナー (お申し込みはこちら

担当:

  • 鈴木譲(大阪大学)
  • 川野秀一(電気通信大学)

日時: 2018年11月4日(日)

会場: 電気通信大学 西10号館 2階 大会議室

時間: 09:30〜17:00

講師: 鈴木讓 (大阪大学)

対象: 大学院生、データサイエンティスト、研究者

内容: スパース推定: 手を動かしてみる

スパース推定に関する書籍やセミナーは、最近多くなっている。しかしながら、実際には、使い方だけを学ぶもの、座学だけで終わるものが多い。本セミナーでは、簡単な数式を導出する、実データをRプログラムで実行するというように、手を動かすことをうながしていく。事前に配布される予習用のビデオを見、さらに当日の演習問題を解くことによって、理解力が深めていただければと思っている。


2017秋の行動計量セミナー (セミナーホームページはこちら

運営委員

  • 運営委員長 大森拓哉
  • 実行委員長 横山暁

日時: 2017年11月25日(土)〜26日(日)

場所: 青山学院大学青山キャンパス(東京都渋谷区)

時間: 午前10時〜午後4時(予定)

プログラム

11月25日(土)1コース

  • 【コースA】 統計的研究の方法に関する学びのあり方・教育のあり方(講師:関西学院大学 吉田寿夫)

11月26日(日)2コース

  • 【コースB】 R言語による実データの解析: 構造方程式モデルとベイジアンネットワーク(講師:大阪大学 鈴木譲)
  • 【コースC】 ビッグデータのビジネス活用で求められるデータサイエンティストのデザイン能力(講師:多摩大学/(株)ブレインパッド 佐藤洋行)
このページのトップへ